« 息もできない | トップページ | 少女漫画にハマってる »

てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡

「ていだかんかん」は沖縄の言葉で、「太陽さんさん」っていう意味だよ!

○大まかなストーリー

埋め立てや、温暖化などによって珊瑚礁が死滅していった沖縄の海に危機を感じ、世界で始めて、独学で珊瑚の養殖、孵化に成功した金城さんのお話

~感想~

てかね!!珊瑚礁は海に0、2%しかないそうだが、そこに海洋生物の25%がいるんだって!!すごいよね!

原作を読んでいないので、丸々実話かどうかはわかりませんが…

全てを捨てて、海を思える金城さんを尊敬します。

実話だけに、世の中の真理をついてると思う。

頭じゃなく、海を愛する心が金城さんの心を動かしているんだよね

珊瑚の移植に対して住民から反対されたり邪険にされたり…人に騙されたり。

それでも上等な海にすべく様々な困難にぶつかっても立ち向かってゆく金城さん(映画ではけんちゃんって呼ばれてるけど)。

学者たちに「データもなにも知らないアマチュアが手を出すな」、「専門家の研究を待て」と馬鹿にされた金城さんが「俺は自然に悪いことはしない、頭じゃないのに、環境破壊は待ってくれないのに」と言う場面がある。

いい大学の偉い学者が言ったこととか、データが全て正しいわけでなく、魂で?肌で?わかるってのはあると思うな。

金城さんが、唯一自身の信念からぶれてしまう時があるのだけど、そのきっかけがね、

子供たちに「海を上等にしようとして貧乏なお父ちゃん」と「海のことなんてどうでもいいお金持ちの父ちゃん」どっちが好きかと聞いて「…お腹いっぱいごはんがたべたい」と言われちゃた言葉だったり…

一人の人間が、等身大で苦しみながら困難に立ち向かっていくわけです。

珊瑚の養殖と産卵は、成功するわけだけど、金城さんは「目標は海を上等にしたいからまだまだ始まったばかりだ」という。

これからも金城さんは海を上等にするべく活動されていくのでしょう。

自然を思い行動している方はすごいな!!

この映画を見てね、原発の反対運動をしていた方々を思った。

きっと金城さんが海を上等にすべく訴え活動していた様に、その方々も訴え続けてきたのだろうし、肩身の狭い思いもしてきたのだろうな…と。

しかし、実際に恐れていたことが起きてしまった。

実際に起きて始めて目を向けたわけです。うー私達は、見えていないことが多いのだと思う。

もっと、生かしてもらっている自然に対して目を向けなければいけないんだよね。

|

« 息もできない | トップページ | 少女漫画にハマってる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076158/39577335

この記事へのトラックバック一覧です: てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡:

« 息もできない | トップページ | 少女漫画にハマってる »